株価の増減に対する確かなデータというものは存在しないかもしれません。しかし、経験や今までのデータを参考にして予測することはある程度可能です。

仕事について話している女性たち
  • ホーム
  • マーベラスの株状況|NHKは特殊法人

マーベラスの株状況|NHKは特殊法人

NHKは特殊法人です。
電波・通信・放送を管理する総務省の所轄になっています。
株式会社ではないので、NHKの株を買うということはできません。

最近注目されている株式会社のひとつに、マーベラスが挙げられます。
アニメーションを主にする映像作品の企画や作成、販売以外にも、家庭用ゲームソフトの企画、制作、販売を事業内容にしています。

盛り上がっているのが、スマホのゲームアプリです。
スマホにまでゲーム事業を拡大できたことで、かなり注目される存在となっています。

この銘柄は、過去の比較と相対比較から割安と判断されています。
ただし、株価が1388.0円超では割高圏内に入ってしまうので、気をつける必要があります。

配当利回りの変動幅が狭くて、株主還元が投資判断で重視されている、配当利回りは過去平均より高いので過去比較からは割安、などと考えられています。

配当利回りは、現在の株価に対するする配当(インカムゲイン)の比率を意味しています。
キャピタルゲイン(値上がりによる利益)だと売却しなければ手に入りませんが、配当はある程度利益が約束されているというメリットがあります。
算出方法は「配当利回り(%)=年間配当額÷株価×100」で計算できます。
下落時に投資判断において重要視されることが多いです。

また、この銘柄のPBR(純資産の帳簿価格に対して株価がどれくらい評価されているか)は同一分類銘柄の平均値と連動性が高いという特徴があります。
つまり、投資判断では同一業種を対象にして純資産が比較されている可能性がある、ということです。
相対比較でプレミアム評価される傾向があると考えると、相対比較でも割安と判断することができます。

関連記事