株価の増減に対する確かなデータというものは存在しないかもしれません。しかし、経験や今までのデータを参考にして予測することはある程度可能です。

仕事について話している女性たち
  • ホーム
  • 株の情報集めと売買のタイミング

株の情報集めと売買のタイミング

発表している女性

株は安くで買って高くで売ることができれば儲けが出ます。
シンプルなルールですが、儲けを出すまでに難しいと感じることが多いです。
例えば情報を集めることです。
株価は常に変わっているので、本で勉強しても最新の情報ではありません。

インターネットは逐一情報が入りますが、信用できるかどうかは自分で判断しなければなりません。
株取引を行うためには口座が必要ですが、証券会社を選ぶことも簡単ではありません。

人気のランキングはいくつか発表されていますが、実際に試してみないと不便な点が分からないことも多いです。
銘柄は、初心者向けと上級者向けがあります。
初心者が上級者向けの銘柄を購入すると、儲けを確実に出すことはほとんど不可能です。

分野だけでも食品系やIT系、建築系など職業の数だけ銘柄は存在するので、一つの分野に絞ることさえ難しいです。

株価は世の中の動きに合わせて変動するため、馴染みのない分野の銘柄を購入すると、ただ保有しているだけで運用できないことがあります。
銘柄は初心者であれば自分が就業している分野が適しています。

働きながら情報を集めることができ、ある程度その分野に知識があるため市場の動きを予測しやすくなります。
そして株を最も困難にさせているのが、売買のタイミングです。

投資の上級者でも売買をすぐに決断することができません。
保有している銘柄が急激に下落すれば、諦めが付きます。
しかし少しずつ下落している場合は、もう少し待てば回復する可能性があると売却を先延ばしにしてしまいます。
損切りラインを下回ったら売るのが一番ですが、損失を出したくないと考えるのが普通なので、なかなか踏み込めずに大損するケースが多いです。

関連記事