株価の増減に対する確かなデータというものは存在しないかもしれません。しかし、経験や今までのデータを参考にして予測することはある程度可能です。

仕事について話している女性たち
  • ホーム
  • 株の買い方・売り方について

株の買い方・売り方について

グラフ

株の買い方・売り方というのは非常に簡単なものであり、基本となるのが欲しいと思う値段で注文をして売りたいと思う値段で注文をするというものです。
これは指値とよばれる方法であり、欲しいと思った値段以上で買わされてしまうことや売りたいと思った値段以下で売らされることはありません。
注意が必要なのは指値注文というのはその値段で売ってくれる人、あるいは買ってくれる人がいなければ成立をしないので必ず買うことができるとも売ることができるとも限りません。

次に値段はいくらでもいいので、その時に成立する価格で買いたいあるいは売りたいという時には成行とよばれる方法で注文を出すことができます。
この注文方法を利用するとほぼ確実に株を購入することができますが、問題はいくらで購入をすることになるのかわからないということです。
東証一部の超大型株で2円も3円も簡単に動かないようなものであれば、何円も高い値段であるいは安い値段で売買されてしまうということはありません。
売買している人が少ない銘柄で成行注文を出すと現在の値段から何十円も高い位置や安い位置で売買が成立してしまう恐れがあるので注意が必要です。
成行注文というのは使い所は難しいものですが、一刻の猶予も許さない時などには指値ではなく成行を選ぶのが良いでしょう。

例えば買いのポジションを持っている時ではなにか大きな悪材料が出たとします。
早めに売っておかないとどれだけ値が下がるかわからないといった場合、いくらでもいいので早めに売ってしまったほうが良いという状況もあります。
そのような時にはとにかく売ることだけを最優先においた成行注文がリスク回避に役立ちます。

関連記事